新着情報お知らせブログ

つくね芋と、この時期の記憶

2019-03-11 配信

54434048_1189196031238590_8123520806014681088_n

熊本から届いた「つくね芋」

熊本グリーンファーム・本田農園さんの「つくね芋」。
ゴツゴツしていてビッグサイズ!山芋の仲間で、ヤマトイモとも呼ばれるようです。

すり下ろすと、かなり強い粘りが出ます。すりおろしてから海苔で巻くなどして揚げたり、焼いたり、つくねにして鍋に入れたり、切って焼いたり炒めたりと色々な使い方が楽しめます。出汁でのばして、とろろとして食べても。昨年人気のお芋でした。

そのほか新玉ねぎも届いています!

また、伊賀の愛農学園農業高等学校さんの原木椎茸も届きました。

 

 

54433327_1873561509435004_4754137288928133120_n

今日はなんだか、ちょっとした台風みたいな雨です。

この時期の記憶、今日3.11

熊本県の益城町や西原村などを中心に起きた、熊本地震(2016年4月14日〜)からもうすぐ3年。私ごとですと、愛農高校の同級生が菊池市で牛の世話の仕事をしています。職場の人の中には家が倒れた人もいたそうで、職場の人たちを少しでも元気付けたいと言っていました。

 

今日は、2011年の東日本大震災からちょうど8年となりますね。

こちらも私ごとですが、その時は千葉県柏市の祖父母の家に住んでいました。
14時46分は、バイト先へ駅から歩く屋外にいたのですが揺れが分かり、見上げると建物なども多少揺れていました。情報の少ないなかで、バイト先(スーパーの中のパン屋コーナー)の営業は早めに終わり、新松戸の駅にシャッターが降りていたので一駅だけ歩いて帰った 398;を覚えています。その後も断続的に時々地震があり、ラジオを流したり友人と電話をしたり。福島の原発事故も分かりましたが、不安と日常と両方で暮らしていました。

住む場所にかかわらず、ひとりひとりに記憶や思いがあると思います。それぞれの残していきたい思いが、しっかり残せていけるといいなと思います。(スタッフひづる)

 


←前の記事「」へ 
 次の記事「」へ→